もしかしたら、今後追加されるかもしれませんが、今のところ、いただいている感想はここまでです。
皆さん、いかがでしたか?

 ☆・☆・☆


子供によって色々な事情でアラレイラに入ったのを見て、愛情を持つ事の大事さを考えた。
子供たちにアラレイラの人たちが関わっていく中で 子供たちが心を開いていくのを見て温かいものを感じた。
また次の部を見てみたい。 自分の人生と重なって見える所がある。

ユウスケ(鳥取ダルク)



せいかつかんきょうがきびしいなか生活をしているのを見て すごいなと思いました。
シスターにぼうげんをはいたり、ぼうりょくをしたりしていたえんじがいて自分も同じ事をやっていて、自分のおさない時を思いだしました。
第2部、第3部もたのしみにしています。

タケ(鳥取ダルク)



厳しい生活環境に生きる子供たちは どこか混乱している様に見えた。
その中で、日系人シスター達は、親や子供達と同じ目線で取り組む姿に感動した。
今後の子供達の成長やその家族、シスター達の事が気になりました。
2部、3部と楽しみにしています。 全体的に子供達のパワーに引き込まれた映像でした。

カメ(鳥取ダルク)




先日の映画を観て、私は、シスターなど、運営者側の立場で観ていました。
あの様な環境下で、逞しく生き抜かねば、後がない崖っぷちの人生ドラマを、何故か、あの子供たちのなかに想像させられました。また、子供たちが繰り広げる日常の営みは、まるでダルクの日常と同じで思わず苦笑いでした。一生懸命いまを生きることは一緒なんだと!
そして、ご奉仕をしているシスターたちや、スタッフの皆さんの愛が伝わりました。ただ、シスターたちにあまり、笑顔はありませんでした。
それ程過酷な現実を生きている証拠なのだろうか?などと、まだ見ぬ第二部を想像してしまいました。
7月中旬に、また続編企画中とか?ぜひ観たいものです。川口さん他スタッフの皆様ありがとうございました。

ちー(鳥取ダルク代表)